MENU

自力で排卵させる方法について。自力で排卵できなかった私が妊娠した方法

子供を授かるためにまず必要なことが排卵することですよね。

 

自力で排卵できる体質にしたい

多嚢胞性卵巣症候群と言われた

無排卵月経の可能性がある

薬を飲むと副作用が出てしまう

薬に頼らず自力で排卵したい

 

といった悩みを抱えていませんか?

 

子供が欲しい場合、排卵ができないと子供を授かるスタートラインにさえ立てず、絶望感さえ感じますよね。

 

私はもともと生理不順で、自力で排卵ができない人間でした。(医師にズバッと言われました)

 

ですが、今は我が子を抱いて幸せな生活を送っています。

 

 

当サイトでは自力で排卵できなかった私が子供を授かるまでに実践した方法やサプリメントをご紹介しています。

 

我が子は本当にかわいいです。だからこそ、子供が欲しい御夫婦に同じ幸せを味わってほしい、子供を出産し、自分の腕で抱いて欲しいという気持ちが強く、当サイトを立ち上げました。

 

私の経験が参考になれば幸いです。

自力で排卵できない自分

私は無茶なダイエットをしたことが原因で生理が2ヶ月に1回、長いと半年こない時もある生理不順体質でした。

 

結婚当初、すぐには子供を考えていなかったので特別治療もせずそのまま放置していました。

 

ですが、結婚生活も数年経過しそろそろ子供が欲しいねという話になり、まずは生理不順を治さなければいけない、と思い婦人科に行きました。

 

不妊治療を行っている病院にいき様々な検査を受けたところ、ホルモン検査から自分が無排卵だったことがわかりました。

 

生理がきていても無排卵であったことに驚きとショックを隠せず、病院で「あなたはきっと排卵したことがない」と言われた時はさすがにショックでフラフラになりました。

 

また夫の精液検査をしたところ、タイミング法では難しいため人工授精をすることになりました。

自力で排卵できない私が飲んだ薬

子供が欲しかった私が治療を受けた時に飲んだのが「クロミッド」です。

 

排卵障害で不妊治療を受けている方なら王道の薬ですよね。クロミッドは排卵誘発剤なので、私も処方された飲むようになりました。

 

1周期目は卵胞が育ち無事排卵し人工授精をおこなったものの、妊娠はできませんでした。

 

そのあとも2周期、3周期と繰り返したものの妊娠できず。。

 

徐々にクロミッドを飲んでも卵胞の育ちが悪く、エコーでみると卵胞がふやふやになり育たなくなってしまいました。

 

薬を飲んで卵胞が育たなければさらに効き目が強い薬、注射…と排卵誘発の方法が強くなります。

 

ただこの方法だと卵巣が疲れ、さらに効き目がなくなった時、どうするんだろう?という恐怖心があったのも事実です。

 

薬を飲めば飲むほど自力で排卵する力が弱まっていくような気がしました。

 

そこで私は「自力で排卵できる力をつける」ことが大切なのではないか?と思い、自力で排卵させるための努力を始めました。

自力で排卵率を高めるためにおこなったこと

自力で排卵させるためにはホルモンバランスを正すことが大切。

 

そこでまず初めに生活習慣を見直しました。

食生活を正す

ホルモンバランスを整えるためには食生活を見直すことが大切です。

 

それまで偏りがあった食生活を改め1日3食、バランスを考えた食事内容に変えました。

 

それまでずっとダイエットのために食物繊維がメインの食事をしていましたが、ご飯(炭水化物)を食べ、お肉や魚料理も作って食べるようにしました。

 

また添加物も体に良くないですよね。なのでコンビニのお弁当や添加物がたっぷりのジュースも控え、お菓子を食べ過ぎてしまう癖があったので、お菓子の量も減らしました。

適度に運動をする

普段パートで仕事をする以外に運動をしていなかったので、可能な限り日常生活で運動を取り入れるようにしました。

 

特に休日はウォーキングをするようにしました。

睡眠をしっかりととる

いつも不規則だった睡眠時間を正すために就寝時間と起床時間を決めた生活を送るようにしました。

 

基礎体温も測り始めたので、夜23時には就寝、朝6時には起きる生活を始め、体内時計が整い生活リズムが整うようになりました。

 

生活習慣を正すだけで排卵する?

ホルモンバランスを整えるために生活習慣を正すのはとても大切ですが、これだけで排卵できるようになるのかな?という気持ちと体質改善に時間がかかるのが私にはネックでした。

 

自分の年齢が30代後半だったのもあり時間をかけたくないのが本音です。

 

年をとればとるほど卵子の質がさがり、排卵しても卵子の質がよくなく、今度はそこで妊娠ができなくなってしまう気がしたからです。

 

ネットでもっと早く、自力で排卵させる方法はないか??と探していた時に出会ったのがベジママという葉酸サプリメントです。

ベジママとは?

ベジママは普通の葉酸サプリとは違い、排卵をサポートするピニトール成分配合の葉酸サプリです。

 

実際に生理不順、排卵障害、多嚢胞性卵巣症候群を抱えた人がこのベジママを飲んで妊娠している女性が多いことを知りました。

 



ここ2回51周期だったんですが、今日リセットしました?? 45日でした?? 私は #多嚢胞性卵巣症候群 とクリニックで言われてから、葉酸もとろうと思ってたので #ベジママ を飲んでます??? #基礎体温 はなかなか毎日同じ時間に測れてないので(主人が毎日不規則な仕事なので??)、多嚢胞のせいもあるのかガタガタです? なんとか高温期、低温期もきれいにわかるようになりたいですね???(笑) #多嚢胞性卵巣症候群 #妊活 #妊活仲間募集中 #リセット #クロミッド #葉酸 #葉酸サプリ #ベジママ #ピニトール #アイスプラント #VEGEMAMA

あやこ*妊活を頑張るアカウントさん(@aya_baby_m)がシェアした投稿 -


 

葉酸サプリメントのベジママはは薬とは違い副作用がなく、さらに体質改善に働きかけ自力排卵を後押ししてくれる存在です。

 

薬は強制的に卵子を育てますが、それよりも自力で排卵させた卵子のほうがなんとなく強い卵子が排卵できているんじゃないか、と思ったのもいいなと思った理由です。

 

最終的に赤ちゃんに育つ強い卵子が排卵できなければ意味がないですよね。

 

クロミッドは子宮内膜を薄くしてしまう副作用があるので、排卵できても着床できないリスクがありますが、ベジママならそのリスクがありません。

 

藁にもすがる思いでベジママを購入し、ベジママを飲み始めた周期で卵胞チェックをしたところいつもふやふやにしぼんでしまう卵胞が2つくっきりと育ち、そのうち1つが排卵。

 

その周期の人工授精で妊娠することができました。

 

 

1周期目で妊娠できたのはたまたまだったのかもしれませんし、すごく運がよかったというのもあると思います。

 

ですが、ベジママを飲んでよかったと本当に思いました。

 

今はその時妊娠した我が子を抱いています。

 

自力で排卵させるためには様々な方法がありますが、体質改善が一番です。

 

生活習慣をただし、さらに自力で排卵する力をつけたい方にベジママをおすすめしたいです。

 

普通の葉酸サプリメントは排卵サポートする力はありませんが、ベジママは妊活している女性に今支持されている葉酸サプリメントです。

 

ベジママは他の葉酸サプリと比較しても安い価格で始められて、永久保証制度がついてさらに○回継続購入といった縛りもありません。

 

妊活をする女性を本気で応援している葉酸サプリメントなので、まずは飲んでその効果を実感して欲しいといった気持ちが強いんですね。

 

ベジママを飲むメリット

自力で排卵できる体質改善に働きかけてくれる

排卵力を高めて、葉酸を補うこともできる

子宮内膜が薄くなる副作用がない

誘発剤ではないので多胎妊娠を防げる

錠剤なので漢方のように苦くない

 

そもそも排卵誘発剤は自分がもっている体の仕組みをサポートするに留まります。

 

つまり、排卵できる体が整っていなければ排卵誘発剤を飲んでも排卵できずに終わってしまうんです。

 

初めは排卵誘発剤で卵胞が育っても、徐々に効き目が悪くなるのも、もともと自分の体が排卵できる体質に整っていないことが原因かもしれません。

 

となるとやはり「自力で排卵させる力を持たせる」ことが大切になってきます。

 

自力で排卵できる力を持たせた時に排卵誘発剤を使うとより質のよい卵子が、狙ったタイミングで排卵できるようになるのではと思います。

 

子供を授かりたいと思ったら薬で排卵させるのではなく、自力で排卵できる体質改善がまず必要です。

 

この体質改善をサポートしてくれるのがベジママです。